化けない狐のB級応援!

一流所ではないし名脇役でもないけれど、ちょっとは活躍していて。 ブレイクはした事ないけれど、プチブレイクはしていて。 そんなB級を応援しよう。

大穴狙い幕内最高優勝予想 令和元年九州場所編

 今年最後の場所がいよいよ始まろうとしています。張出はお得感があってなんだか好きですが、今場所はなんと4小結になりました。

 なってほしいなと思いつつも、ならないだろうと思っていたので、これは驚きのサプライズです。

 御嶽海の関脇ロックもそろそろ解放して貰わないと困りますね。

 

 ところで、逸ノ城休場の一報が届きました。下位に落ちた逸ノ城ならもはや敵なし、これは大穴といわず大本命なのではと思っていましたが、予想外に重症だったようですね。

 ますます優勝争いが混迷する中、嘘から出た真があるかも知れません。

 

 

大穴狙い幕内最高優勝予想友風

 これまで順調すぎるほど順調に出世街道を歩いてきた友風。上位を伺う勢力にそろそろ割って入りそうな勢いを感じます。引きはたきが多いと指摘されていますが、上位に通用するほどの引き技であれば、それはもう立派な長所ではないでしょうか。

 場所前の稽古では白鵬に一発KOされていましたが、結果は1勝8敗。この1勝というのが重要で、圧倒された時には全敗で終えている力士が多いのですよね。そこを密かに1つ白星を拾っているしたたかさこそが、上位に通用する強さです。

 先場所、初めて負け越しを経験しました。これまで勝ち進んできた力士が一度負け越した途端に魔法が解けたかのように弱体化してしまう事も多いですが、これを機に奮起してさらに強くなる力士もいます。最近では、朝乃山などがそうですね。

 豪風嘉風が引退し、矢後と共に部屋を盛り上げる事を誓い合ったそうです。良い話じゃないですか。

 

 その力の割に他の有力力士と比べると扱いが小さい友風ですが、ここで一つ主役を奪う事を期待しましょう。

 

 

その他B級注目ポイント

東前頭15枚目 大翔丸

 当ブログイチオシの? 地味力士、大翔丸。一時期は本人も声援が小さい事を気にしていて可哀想でしたが、十両にいる間にほんの僅かにですが声援が増えてきました。今場所、満を持して幕内復帰。一度敢闘賞でも取れば一気に扱いも変わると思いますから、ぜひ目指してほしいですね。

 

東幕下5枚目 千代ノ皇

 十両の番人の代表格だった千代ノ皇ですが、幕下も丸1年。先場所はあと1勝というところで関取の座がすり抜けていきました。旭日松などもそうでしたが、十両の番人が一度幕下に下がると、その後全く復帰できない事が多いです。さらには、転落から1年以内に復帰できないと復帰率が著しく下がるというデータもあります。そして今場所の地位は有利な幕下5枚目以内ギリギリ。まさに土俵際にいると言って良いでしょう。

 関取復帰を決めて気持ち良く新年を迎えるか、それともこのまま過去の力士となってしまうのか。同部屋の千代鳳は三段目まで落ちながら、こちらも今場所関取復帰のチャンスです。同じく十両の番人と言われた剣翔は覚醒し、幕内でも活躍しています。この流れに乗りたいところですね。

 

西幕下15枚目 豊響

 土俵際といえばこの人も。これまで懸命に怪我からの復帰を目指してきましたが、今場所は一場所での復帰が叶う地位の一番下。再び15枚目圏内から外れれば、関取の夢は遥か遠くへ行ってしまいます。豊ノ島は幕内でバリバリやっていた力士が落ちたパターンでしたが、こちらは故障前から十両に何とか残っているという様相だったので、さらに厳しい状況に置かれています。

 それでも、これまで引退をせずに続けてきたのには並々ならぬ思いがあるはずです。一人の夢が叶えば一人の夢が散る世界ですが、奇跡を信じてみるのもまた一つの醍醐味でしょう。